オーラクリスターゼロで口臭の対策ができる?その効果とは

オーラクリスターゼロで口臭の対策ができる?その効果とは。オーラクリスターゼロの効果、口コミ、評判、成分、薬局などで販売しているのかなどをまとめています。舌の臭いが取れない人もすぐに実感。口の臭いには即効性のあるスプレーなので救急時にも活躍です。

オーラクリスターゼロの口コミで分かる二度の効果!

 f:id:kenkou145:20161105163739j:plain

人気の口臭ケアスプレー薬用オーラクリスターゼロですが、そのスプレーの口コミ二度の効果についてです。

サーと、口にひと吹きするだけで瞬時に口臭の対策ができますので、口にスプレーをして臭いを対策をするのは間違いないのですが、別な使用の仕方も実はあるということです。

スプレーなので口に吹きかける方に意識がいきますが、あることも加えることでさらに効果的なスプレーと変身させることができてしまします。

そんなに特別なことをするわけではありませんが、お泊まりデートやちょっとした時に活躍ができるのではないでしょうか。

口臭の予防をするのに使用場面はたくさんありますけど、別な使用方法とはどのようなことなのかお伝えします。

 

関連 オーラクリスターゼロの口コミ

 

オーラクリスターゼロの口コミで分かる二度の効果とは?

f:id:kenkou145:20161105163725j:plain

オーラクリスターゼロは確かに口にスプレーをして口臭の対策をするものですが、もう一つの使用方法とういのはハミガキのことです。

スプレーを口にして終わりではなく、その後にハミガキをして使用することもできるとうことです。

実はこれが本来の使用の仕方でもあります。

口には400種類の菌と、数にすると平均5000億ぐらいの数になりますが、このすべての菌が臭いを発生させるわけではなくて、この中に腸内細菌と同じ菌がいて、その菌が口臭を強くさせる原因になります。

それ以外に舌を汚すカビの仲間の菌、歯を溶かすミュータンス菌(虫歯菌)、そしてハグキや歯をダメにする歯周病菌など、菌によって働きや特徴が少しだけ異なります。

そのような働きの違う菌が400種類、口の中にいるということです。

スプレーをすることで臭い菌は予防できますが、歯とハグキの隙間にいるような歯周菌などにも対応することができるということです。

そのため歯ブラシを使用することで、歯とハグキの隙間にいる菌に対しても対策ができることになります。

プラス虫歯菌の対策になります。

細菌と水の分子の大きさは同じなので、成分が細菌まで届くために、歯ブラシを使用すると、見えないところまでケアができるというメリットがあります。

 

オーラクリスターゼロは歯ブラシで口の病気も対策ができる!

f:id:kenkou145:20161105163822j:plain

ハミガキを加えることで口臭の対策だけではなく、口の病気になる菌の対策もできるので二度の効果が期待できます。

細菌の対策でいうとネバネバの人はぜひ使用したいスプレーです。

口のトラブル全般に対応できるスプレーということです。

口に臭いがなくても歯周病、口に臭いがなくても虫歯、となるとそんなに気持ちいものでもないと思います。

口のトラブル菌にも対応できるのであれば、ただスプレーをするよりもハミガキを加えることで、より口腔内を清潔にすることができます。

液体なのでチューブの歯磨き粉と違い、歯とハグキの隙間には浸透しやすくなります。

ちょっとしたことでスプレーの使用の幅が広がります。

使い捨て歯ブラシと一緒に持ち歩くことで、お泊まりデートにも対応ができます。

そして歯ブラシを使用しないでスプレーのみの使用の仕方もあるということです。

口臭のエチケットではスプレーのみ、口の病気も気になる場合はスプレープラス、ハミガキ、このような使用の仕方もあるということになります!

 

f:id:kenkou145:20170116090442j:plain

 

 

f:id:kenkou145:20161123012754j:plain

f:id:kenkou145:20161123012852j:plain

f:id:kenkou145:20161123013128j:plain

f:id:kenkou145:20161123013153j:plain

f:id:kenkou145:20161123013318j:plain