オーラクリスターゼロで口臭の対策ができる?その効果とは

オーラクリスターゼロで口臭の対策ができる?その効果とは。オーラクリスターゼロの効果、口コミ、評判、成分、薬局などで販売しているのかなどをまとめています。舌の臭いが取れない人もすぐに実感。口の臭いには即効性のあるスプレーなので救急時にも活躍です。

オーラクリスターゼロの口臭対策の成分でアラントインとは?

f:id:kenkou145:20160821102904j:plain

 薬用オーラクリスターゼロに使用されている口臭対策成分でアラントインというものが使用されています。

アラントインというのは別名5-ウレイドヒダントインともいわれていて、人以外の哺乳類の羊水(ようすい)に含まれているものから発見され、分かりやすくすると赤ちゃんを包む膜の中に存在するものと、いうとことが由来していますが植物やバクテリアなどにも存在しています。

幅広く医薬品や化粧品や他のもに使用されているもので、一言でまとめると「修復に優れた作用があるもの」ということになります。

身近なものでは化粧品による炎症を抑えるために良く使用されているものです。

敏感肌の人が使用する専用の化粧品には必ずといっていいほど使用されているはずです。

どのよな成分かお伝えします。

関連記事:オーラクリスターゼロの成分

 

オーラクリスターゼロの成分!アラントインの作用と口臭

f:id:kenkou145:20160821102923j:plain

一般的に使用されているアラントインというのは植物の葉や根から抽出したものを薬用成分として使用されています。

無色透明の固体で水に溶けにくいという特徴を持っています。

アレルギーなどを抑える作用があるので、アトピー性皮膚炎やアレルギー、ニキビなどに使用され、医療では傷薬、目薬、薬用歯磨き粉などにも使用されています。

細胞の新陳代謝を活発にさせ細胞を若々しくし、老化を抑える皮膚細胞賦活作用あります。

新しい細胞の再生を助けるような作用ということです。

口臭を直接弱くするというよりも口腔内の全体を整えることで口臭に良い影響を与えるということがいえます。

 

オーラクリスターゼロの成分!アラントインの特徴と口臭について

f:id:kenkou145:20160821102935j:plain

歴史も長く19世紀ごろに発見され現在に至りますので、そんなに目新しいものではありませんが、炎症などを抑えるのには抜群の薬用成分ということです。

口の中では歯周病菌などが増殖して炎症が発生しそうなとき、または炎症を起こし出血をしたときに抑えてくれるという予防的な作用と、口の中の古い細胞の代謝を助けることになるので、新しい細胞が生まれやすいということです。

「口の中の若返りをさせるもの」というと分かりやすいと思います。

薬用成分ですが、副作用がなく刺激もないので色々な商品に使用されているということです。

その他の商品でいうと乳液、育毛剤、リップクリーム、入浴剤、ベビーパウダー、子供用のワキガ対策グッズなどにも良く使用されています。

オーラクリスターゼロには他の成分も使用されていますが、その1つがアラントイン成分です。

 

f:id:kenkou145:20170116090442j:plain

 

f:id:kenkou145:20161123012754j:plain

f:id:kenkou145:20161123012852j:plain

f:id:kenkou145:20161123013128j:plain

f:id:kenkou145:20161123013153j:plain

f:id:kenkou145:20161123013318j:plain